退職代行を使用したので使う基準について考えました【経験談】

こんにちわ、ちょい鬱リーマンです。

最近、退職代行サービスがメディアに取り上げられ有名になってきました。

退職を検討している方の中には、退職代行サービスを使おうか悩んでいる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そういった方の中には

  • どういった場合に退職代行サービスを使えばいいかわからない

といった悩みを抱えているのでないでしょうか?

今回の記事では、私が実際に退職代行を使用してみて考えた使う基準を紹介します。

よかったら、退職代行を使う判断の参考にしていただければと思います。

それでは、どうぞ!

退職代行には色んな意見があります。
これから述べる内容は、あくまで私の意見なので参考程度にお聞きください。

※すぐにおすすめの退職代行サービスを知りたい方は、「ぶっちゃけこれ一択!おすすめの退職代行サービス」を見てくださいね!

実際に使用して分かった退職代行を使う基準

ただ、退職代行を実際に使う際は、かなり調べました。使用した後も、猛省したので内容に自信はあります。

結論、私が使うなら以下の2つの場合になります。

  • パワハラや長時間労働などで精神的に苦しい時
  • 退職の申し出を拒否された時

それぞれ、詳しく触れていきたいと思います。

「死ぬ」ぐらいだったら退職代行を使った方がいい

死ぬぐらい精神的に追い詰められているのなら、そんな会社なんてバックレても良いと思っています。

死ぬまでいかなくても、精神的に追い詰められていても同じです。

ですが、会社から損害賠償請求をされても困ります。そこで退職代行の出番です。

なぜなら退職代行サービスを利用すれば会社と連絡を取ることなく辞めることができるからです。(退職届を郵送する等の書類上のやりとりはありますが機械的に進みますので負担になることはないと思います)

普通に辞めるのは負担になる

私は、退職代行を使わずに2回会社を辞めましたが、

  • 辞めると伝えから周りの目線が冷たくなる
  • 引き継ぎや退職にともなう手続きがそこそこ大変

など何かと負担がかかるので、精神的に追い詰めらているならかなりしんどいと思います。

本来なら、数ヶ月前に退職を伝えて引き継ぎ等を行い、迷惑をかけずに円満退社できればBEST。

ですが、そこまで人を追い詰める会社にそこまでしてやる必要はないと思います。

退職代行でスパっと辞めましょう。

会社に殺されないでください

専門家ではないので断定はできませんが精神疾患にかかっている可能性が高いので、まずは精神科を受診することをおすすめします。いっぱい寝て、美味しいものたくさん食べて、人生楽しんだ方がいいです。

会社に殺されないでください!お願いです。

また、もし余裕があったら休職について検討してみてください。

退職も休職も働いている人の権利です。どうせなら辞める前に会社を利用してやる!と休職してゆっくり今後について考えるのアリだと思います。

私の休職した際のことをまとめた記事になりますのでよかったら参考にしてみてください。

うつ病や適応障害などの精神疾患で休職する過程を解説!!私のリアルな経験談!

退職の申し出を拒否されたら使った方がいい

そもそも退職の拒否は違反行為

民法第627条では、当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者はいつでも解約の申入れをする事ができるので、法律上「退職の拒否」はできないのです。

会社が拒否する事は当然ながら民法規定への違反行為です。

民法第627条1項

当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをする事ができる。この場合において、雇用は、解約の申入れの日から2週間を経過する事によって終了する

できれば円満に退職したい

円満に退職できればもちろんいいとは思います。ですが、何度も退職を拒否してくるような会社を円満に退職するのは大変だと思います。というか無理ではないでしょうか?

円満に退職しようと努力したのですからそれだけで十分だと思います。

違反行為をしてくるような会社と戦うのも大変だと思うので、それだったら退職代行サービスを使用した方がトラブルになることもなく辞めることができると思います。こちらは正当なサービスを利用するだけです。

まとめ

今回の記事では、私なりの退職代行を使う基準について説明しました。

私がこの記事で力も入れて伝えたかったのは以下の通りです。

これだけは伝えたい

・退職代行を使う基準を2つ紹介したけど、あくまで参考程度に。

・できれば穏便に退職できればBEST。

以上、最後までお読みいただきありがとうございました。

ぶっちゃけこれ一択!おすすめの退職代行サービス

ちなみに、私が使用した退職代行サービスは「退職代行SARABA」になります。
どの退職代行サービスを使おうか1週間ほど悩みましたが、結論これ一択だと思います。
理由は、以下の通りです。

  • 税込25000円と利用しやすい金額
  • 24時間365日いつでも電話、ライン、メール相談可能(他社は深夜帯では電話が繋がらず、問い合わせしても返信が次の日にならないと返ってこない事が多い)
  • 5分以内に即返信することを心がけている
ちょい鬱リーマン
ちょい鬱リーマン

私の場合、パワハラがキツすぎて精神状態がズタボロでした。会社を辞める決心がついた夜中の3時に、藁にもすがる思いで退職代行SARABAにLINEで連絡しました。夜中にも関わらず3分で返信が返ってきました。

退職代行サービス「SARABA」とは

退職代行SARABAは、労働組合が運営する退職代行サービスです。

労働組合であるため、団体交渉権があります。労働組合が手掛けるサービスの中では価格がリーズナブルであるため、安心して利用できる一社です。

安心感と価格面のバランスが良いため、利用者実績も1、2を争う人気サービスです!

弁護士事務所に交渉を依頼すると費用が高額になることもありますが、「退職代行SARABA」は一律費用で対応が可能です。

\まずは無料相談/
退職代行「SARABA」サービスはこちらから

費用はかかってもいいから、弁護士にお願いしたい!という方には、弁護士法人みやび「弁護士による退職代行」がおすすめです。

  • 安心の弁護士代行交渉(困難なケース、損害賠償請求への対応可能)
  • 24時間365日いつでもライン、メール相談可能(他社は深夜帯では連絡つかず、問い合わせしても返信が次の日にならないと返ってこない事が多い)
  • 一般的な退職代行業者に比べると費用がやや高いのがデメリット(着手金:税込55000円)
  • しかし、相談無料で弁護士としては、破格の値段

\まずは無料相談/
弁護士法人みやび 退職代行サービスはこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です